piroenpitsuぼやぼや記

piroenpits.exblog.jp
ブログトップ

ジャミラ

朝 ふとんから出られない
さっと出たい気持ちはあるのです、ですが出られないのです。
そんな私にぴったりのものを発見してしまった。

a0172899_20165318.jpg


なんかこのフォルムでジャミラを思い出した。

昔、家にあったウルトラ怪獣図鑑にのっていたジャミラの説明
元は宇宙飛行士だったが事故で水の無い惑星に不時着して怪獣になってしまい
挙句の果てには国に裏切られ、最後は一番欲しかったはずの水で倒される・・・というかなしい話に
子供ながらに涙したのを思い出しました。
ひどい話ですよまったく  ほかに方法はなかったのか・・・



なにはともあれ、これなら朝起きてささっと行動を開始できますな!!
何にもできないけど・・・

キャンプでも大活躍しそうですな!!
何にもできないけど セパタクローぐらいはできんだろうよ 
しらんけど

そのうち歩けるコタツもでてくるのではないかと思っていたら
岩手にコタツ列車という素晴らしき乗り物があるようです。
いつの日かスルメを持って乗ってみたいものです。


それではまた
[PR]
# by piroenpitsu | 2016-01-31 20:57
気がつけば一年以上ブログを放置!!
気がつけば原始!みたいな

さて久しぶりに面白いことがあったので書こう! 


今日はスイカを買いにふらっと山形村まで
帰りに山形村探検をしていたら清水寺→っていうのを発見した。
一回通り過ぎたが、なんか気になったので引き返した

引き寄せられるように山の中をどんどん登ること15分
標高1200m 車を降りると無音。
久しぶりに静寂というものを体験しました。

ひとりだったので熊出没看板にびびりながら歩いていると
おじいさんを発見!第一村人だ!
間髪いれずに第二村人のおばあさんが登場
その後も、どこから出てきたのか知らんが村人がどんどん出てくるので
もう村人を数えるのはやめにした。

なんでもお寺管理人のおじいさんの話によると
このお寺が京都の清水寺の元だそうな。
1300年前からあるそうで、たしかになんともいえない雰囲気が・・・
おごそかな感じが・・・
八面大王とも関係しているというお話を聞いておもしろかった

そして色々話しているうちに、何だか知らないが
鐘をついてきなさいと言われ、いいんですか?
ヤッター!!ボイ~~~~ン♪とついたりしているうちに

おばあさんが大量のジャガイモを持って帰れといってくださり
えぇー!?いいんですか?ありがとうございますといっているうちに
家の中から大量のトマトときゅうりを持ってきてこれも持って帰れと

a0172899_2230467.jpg


そして極め付けに 私が前から捜し求めていたキノコ
タマゴダケとアカヤマドリダケをもって登場!!

そ、それはぁーーーーー!!
(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!
と興奮しながら、私がいかにキノコを好きかについて語ると
お二人もキノコハンターだったらしく
3人でいかにキノコが素晴らしいかを語り合いました。

a0172899_22305864.jpg


『もうこの年になると2人で死ぬならいいわ!』といいながら
名前はわからんが美味いからアカヤマドリダケを2人で食べていたらしい。
まるでロミオとジュリエットのような…ちょっと違うような素敵なお話です

おじいさんのスマホのキノコ写真自慢が面白かった。
わたしガラケーなんすけど~~~
おくれてるんですけど~~~~

秋にマツタケ狩りにおいでといってもらって嬉しかったですなぁ~~

家に帰ってタマゴタケはサラダ&ソテー しゃきしゃきでおいしい
アカヤマドリダケもソテーでおいしくいただきました。
な、なんじゃごりゃぁ~~~旨みが凄すぎる!!
日本のポルチーニと言われるだけある!!
っていうか乾燥ポルチーニよりすごい味が濃い!!

a0172899_22321536.jpg

a0172899_2233419.jpg

a0172899_22324353.jpg


また自分で見つけに行こう。
そしてお礼の品をもってお寺に行こうと心に誓ったのでした。
[PR]
# by piroenpitsu | 2015-08-05 22:38
今年もよろしくお願いしますvv 遅っ




さてさて…やってきました2014年!!

今年はいったいどんな年になるんでしょうか!!
ぴろえんぴつの運命やいかに!!!




このお正月わたしはというと、年越しは奈良でぐ~たらカニしゃぶ 昼夜逆転生活をしておりました

とにかく食べまくっていました!!

ひと回り大きくなれた気がします@@@


初日の出は当然の如くみれず、初日の入りは見ました・・・。

えぇ~~い!!年初めからこんなことでどうするんだっ!!!
でやえでやえぇ~~~~~!!!



ってことで吉野山の吉野神宮に初詣にいきました。

a0172899_12214590.jpg


いとおかし~



そして、海が見たくなり和歌山へもいきました

名勝 和歌浦での夕日 鯛焼きつき

a0172899_1236345.jpg




a0172899_12375991.jpg


a0172899_12435592.jpg



やっぱり海はいいですなぁ~~~~@@@


そんなかんじのお正月でした。


なまった体を引き締めて行きたいと思います!!





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


そして、お知らせです~~~@@@



ありがたいことにこの度

いといろ-itohilo-「世界のかわいい刺繍と雑貨」さんにて
http://itohilo.jp/



piroenpitsuのフェルト雑貨をネット販売していただけることになりました!!!


店主さんが海外で買い付けたおしゃれな品々がたくさんあります!!!
どれも一風変わっていて日本ではあまり見かけないものばかりです@@@

今回はスリランカに買い付けに行かれたとかで楽しみです~~~~vvv




piroenpitsu作品は日本の部に入れていただいておりますのでよろしくお願いします@@@

地道に良い品を作っていきたいと思います!!
[PR]
# by piroenpitsu | 2014-01-10 13:10

野沢菜おじいさん降臨

こんにちは ぴろえです。


最近 一番ショックだったことは
念願の温泉に行き、
全裸になった状態でタオルとかシャンプーとか全部わすれている事に気づいたことです。






さて、信州の冬の味覚 のざわな漬けに今年も挑戦しようと思い

近くのぴろえんぴつ御用達の野菜直売所にいきました。



するとどういうことか野沢菜はみあたらず、おばちゃんに聞いたら
今年はそこではみんな野沢菜出待ち状態らしくて 

なんでも あさ六時半からならんでも野沢菜を手に入れられない人がいたとかで…

iPhone状態ですな~~~。



残念な気持ちで店を出た瞬間

おじいちゃんが軽トラの荷台に野沢菜をのせて登場したので、
おじいちゃんに駆け寄り
「こ、これを売ってください!!!」

と言うと

「すきなん持ってきなっ!!!」

「へい!!」

と言う感じで無事に野沢菜をゲットできたのでしたぁ~~~。

そのあと地元のおばさんがぞくぞくとおじいさんに群がっていました…。
ふぅ~~


a0172899_23205216.jpg


いい重石発見!!


毎年恒例の カブのゆず漬けも作りました!!

a0172899_23212620.jpg


長いもバージョンも試しに作ったのでたのしみだなぁ~~~。






レストランにおいて頂いているフェルト作品もぞくぞく旅たっています~~@@@
ありがたや~~ ありがたや~~



これからは注文していただいている作品つくりにせいを出そうと思います~~~!!!



っっ せい!!!
[PR]
# by piroenpitsu | 2013-12-02 23:28
a0172899_15531117.jpg


二日間のイベントが無事に終了いたしました@@@

たくさんの方にご来場いただきましてpiroenpitsu作品も旅立っていったものもたくさん!!!

はじめての出展イベントだったため右も左もわからず
イベント前日の夜なんかは夢か現実かわからないような夢をみてうなされたり・・・笑


しかし一ヵ月半頑張ってきた甲斐がありました。

ありがとうございましたぁ~~~!!!


a0172899_1615188.jpg


a0172899_16162633.jpg



今回のイベントで多くのことを学びました。

作品の展示方法とか買ってもらいやすいものとか・・・



大根は肥料を選ばないと葉っぱだけ成長するとか…


ノウゼンカズラは地面に植えたら大変な事になるからやめとけとか・・・


靴の中に乾燥させた使用済みコーヒー豆を入れといたらいいとか・・・



一緒に出展していた作家さんの豆知識をいただきました!!!笑

次に繋げたいと思います。






今日からまたボサ~~~っとできます。

しかし寒いですこのごろ。

これはもう冬眠だな・・・。コタツムリだな。



そんな感じで無理をせずがんばって生きたいと思います!!!
[PR]
# by piroenpitsu | 2013-11-25 16:22

http://piroenpitsu.wix.com/piroenpitsubako


by piroenpitsu